家の無垢フローリングにワックスをしないで生活して10年が経ちました。

無垢フローリングの知識

家の無垢フローリングにワックスをしないで生活して10年が経ちました。

家具を動かし、無垢フローリングの汚れを落とし、乾いたらワックスを塗って均等に塗って乾かして、家具を元に戻すという作業。

考えるだけでものすごい作業です。

自分たちで作業することを考えたら、気が遠のきそうです。

何日・・・何時間・・・かかるのでしょう。

洗剤、ワックス、掃除の道具、それ以前に動かす家具をどこに置いたら良いのかから考えないといてないのか〜。

がんばってじぶんたちですべてを行うか、清水の舞台から降りる覚悟で業者さにお任せするか。

金額も業者ではピンからキリまでまちまちでしょうから業者と金額を調べなくてはいけないのでしょうから、それも気が遠くなりそうです。

今のマンションに新築で入るときに床が無垢フローリングまでは確認したのですがワックスが掛けられているかまでは確認し無かったのです。

内覧の時もきかれなかったしその時点では床はきれいだってので気付かなかったのです。

生活していくうちに徐々に汚れていったので対応が遅れてしまったのです。

知り合いできちんとワックスが掛った床で生活している人は普段は良いけどワックスもくすんでくるので3年ごとに剥がして塗りなおしているという驚きの話も聞くのでどうしたもんか悩みどころです。

でも今のままでは床が傷むのは確実です。

京都木材規格