無垢フローリングは気持ちいい。

無垢フローリングの知識

無垢フローリングは気持ちいい。

無垢フローリングとは、無垢材のみか、オイルステインを染み込ませただけの床で、ラッカー系の塗装を施さないものをいいます。

夏はサラサラと、冬はフローリング独特のヒヤッとする感じがなく、素足で過ごすのにとても気持ちの良い床です。

硬いものを落としたりしたときは塗装床より多少傷つきやすいですが、しかしキズや経年変化もまた無垢フローリングの味わいのひとつです。

塗装床は古びてくると惨めですが、無垢材の場合、かえって趣を増すのです。

ラッカー剤からの揮発が無いため、シックハウス症候群などになる心配も無用。

特に小さなお子さんのいる家庭にはおすすめです。

いいことずくめのような無垢フローリングですが、ヒラタキクイムシの被害にはご用心。

この虫はシロアリのように家の構造そのものを揺るがすような食害は起こしませんが、ひとたびとりつかれると根絶はなかなか難しく、世代交代されて何年にも渡って床に小さな穴を開けられ、美観が著しく損なわれてしまいます。

このムシは広葉樹の道管に産卵するため、ラッカーで覆われた材には被害は出ません。

また針葉樹にも産卵しません。

ナラ・カシ・サクラなどの無垢フローリングの唯一の弱点を言えましょう。

予防には、とにかく小さな穴と木屑を見つけたら、すかさず薬剤を穴に注入すること。

早期の発見と対処が被害を広げない唯一の方法です。

無垢フローリングで快適生活